kirakira195のブログ

主に美容や健康に関してのブログ

毛穴の黒ずみ、毛穴の開き、みんな洗顔で解決!

PVアクセスランキング にほんブログ村

       

 

     f:id:kirakira195:20201025131339j:plain

 

どんなにきれいにメイクをしても、不安を感じることがあります。毛穴をふさいでいる黒ずみや、さわるとなんとなくざらざらする感じの鼻の頭、あごのまわり、気にし出すと切りがありません。

 

洗顔の方法が悪いとこれらの肌トラブルの原因になります。洗顔はただ洗うだけではダメです。

 

今日は正しい洗顔方法をご紹介します。自分が正しい洗顔をしていたかどうかチェックしてくださいね。

 

 目 次

   

1. 洗顔が悪いと肌トラブル、黒ずみの原因になる

皮膚が逆立って、化粧乗りが悪いときなどは憂鬱です。これらの肌トラブルの原因は何でしょう。もしかしたら、間違った洗顔方法をしているからかもしれません。

 

毛穴の黒ずみ皮膚のくすみは、いやですね。皮脂や汚れが空気に触れて酸化したのが原因です。

 

また古い角質が角栓をつくります。すると毛穴詰まり毛穴開きなどの肌トラブルの原因になります。

 

肌は、見た目には分かりません。しかし、たくさんの皮脂や空気中の汚れなどが皮膚についています。洗顔をしないとこの汚れが、ドンドン肌にたまります。雑菌が繁殖してしまいます。

 

ニキビや肌荒れ、肌のくすみ、毛穴の黒ずみ、毛穴開きなど様々なトラブルを引き起こします。

 

2.洗顔は朝と晩、1日2回必要!正しい洗顔はぬるま湯で!

毎日の洗顔は基本ですが、朝は拭くだけとか、水で洗うだけ、または冷たいのは嫌だから温かいお湯で洗うという人もいるでしょう。間違った洗顔は肌トラブルの原因になります。 

2-1.洗顔で必ず守る2つの大切な事!

 

洗顔は、毎日朝晩2回必要です。油が多いとか、汗がよく出ると何度も顔を洗う人がいます。しかし、2回以上の洗顔は不要です。むしろ洗いすぎは、皮脂の分泌が過剰になってしまいます。そのため肌トラブルの原因になります。

 

洗顔は、夜はするけれど朝は面倒で拭くだけという人がいます。しかし、夜寝ている間に、皮膚は汗と脂肪を分泌しています。

 

寝具についているほこりダニ空中の汚れなど、雑菌が肌についています。皮脂は、水やお湯だけでは落ちません洗顔を使って洗顔する必要があります。

 

以前、テレビで顔ダニの映像を見たことがあります。おぞましいことに無数のダニが皮膚の上を這って歩いていました。 きっちり洗顔料を使って顔を洗う事をオススメします。

 

kirakira195.com

 

 

洗顔をしっかりするとメイクののりも良くなります。きれいになった肌には基礎化粧品だけではなく、メイクもしっかり浸透します。そのため、仕上げがきれいな肌に見えます。

 

夜はメイクをクレンジングで落とします。私の友人にクレンジングで落として拭くだけの人がいました。クレンジングの後は、洗顔をしません。が、これはぜったいNGです。

 

彼女曰く「クレンジングで顔の汚れを落としている。だから、洗顔は不要!」とのことでした。

 

しかし、洗顔クレンジングの働きはまったく違います。メイクには、たくさんの油が含まれています。クレンジングはその油をとります。が、顔がきれいになったわけではありません。

 

表面のメイクは落とすことはできます。しかし、皮膚についている体内から分泌される皮脂、汗、また空気中のほこり、チリ、排気ガスの汚れを落とすには洗顔料が必要です。

     

    f:id:kirakira195:20201207210650p:plain

3. 正しい洗顔は肌荒れや乾燥を防ぐだけではない

正しい洗顔をすると肌荒れ乾燥をふせいでくれます。また、ニキビ、しわになる原因を取り除いてくれます。では正しい洗顔についてご説明します。

 

洗顔でしょ!そんなこと説明を受けなくても大丈夫!」と思うかもしれません。しかし、意外にも間違った洗顔をしている人も多いのです。

 

 3-1. 洗顔はぬるまゆで洗うのがベスト

洗顔ぬるま湯で洗うのがベストです。

肌の余計な皮脂や角質は水では落ちません。また、肌が引き締まると水で洗う人もいます。しかし、急激に冷たい水を肌にかけると皮膚を傷めます

 

また熱いお湯は角質を流してしまいます。そのため、乾燥した肌になってしまいます。よごれを落とし、肌にも優しい温度がぬるま湯なのです。

 

また、シャワーは強い水圧があります。シャワーをかけると肌に強い刺激を与えるため、たるみの原因になります。

 

洗顔洗顔の手順方法
  •   まず手と顔を一度ぬらします。

手は清潔にするため洗います。顔は乾いた顔にいきなり洗顔料を

つけるのは良くないからです。

   

  • 手も顔もよく拭きます。

それから手で洗顔料の泡をたっぷり作ります。肌についた皮脂、汗、ほこり雑菌をできた泡で包み込みます。泡の中に浮かせて落としていきます。

 

  •  泡は細かいほど弾力があります。

そのため泡はつぶれにくく肌とのクッションの役割を果たします。そのため肌を 優しく洗えます。

 

  • . 泡を転がすように顔全体を洗います。

ぬるま湯を手ですくってすすぎます。泡立ちがしっかりしているとすすぎの時泡切れも良くなります。

 

洗顔には長い時間を掛けず1分以内で完了するようにしましょう。洗いすぎは肌トラブルの原因になります。

 

間違った洗顔は肌がダメージを受けます。肌荒れや乾燥、シミやくすみなどの老化の原因にもなります。

 

よくダブル洗顔ということばを聞きます。しかし、基本的には正しい洗顔をすれば、1度の洗顔で十分だと思います。

 

    

f:id:kirakira195:20200919104714j:plain

 

 

4.洗顔剤を比較すると自分に合う洗顔剤が見つかる

洗顔石けんの選び方は肌質に合わせて選ぶと良いでしょう

 

4-1. 洗顔石けん肌質による選び方

  1.  普通肌はアミノ酸配合の石けん
  2.  油性肌はパームオイルを配合を石けん
  3.  乾燥肌は、コラーゲンやセラミドが入っているもの
  4.  混合肌は、セラミド入りの石けん

 

肌の性質によって、石けんはずいぶ違います。まず自分の肌がどんなタイプなのかを知る必要があります。

 

普通肌は、理想的な肌です。

その肌を崩さないためにも代謝を促すアミノ酸が必要です。普通肌の人は理想的な肌を守るためアミノ酸配合の石けんを選ぶようにしましょう。

 

油性肌の人は、特に小鼻のテカリが気になると思います。

肌から油分をすべてとるのは肌には悪いです。しかし、適度な皮脂を残しながら、余分な皮脂を流す必要があります。

 

パームオイルは余分な皮脂を流してくれますが、必要な皮脂残してくれます。油性肌の人には、とても合う石けんです。

 

乾燥肌の人は、セラミドやコラーゲンの入った低刺激の石けんを選ぶといいです。乾燥肌にとっては、保湿成分がたっぷり入ったものを使わなければなりません。購入の時はセラミド入り、コラーゲン入りを確認しましょう。

 

混合肌は、顔の部位によってテカる所もあればカサカサしているところもあります。セラミド配合の石けんが適度に調整してくれます。

 

4-2. 洗顔石けんと普通の石けんの違い

ところで洗顔石けん身体を洗う石けんと何が違うのでしょうか? 

 

身体を洗う浴用石けんは、身体全体の汚れを落とすように作られています。そのため、洗顔石けんよりも強いものが多いです。

 

そのため、汚れと一緒に肌の油分も洗い落としてしまいます。肌荒れの原因になるため、顔の洗顔には使わない方がいいです。

 

まれに化粧石けんというのを聞いたことがあると思います。 一般に身体を洗う石けんを「化粧石けん」と言っているようです。

 

化粧石けんは、顔も洗えるといわれています。しかし、洗顔石けんに比べると強いので、避けた方がいいです。

 

顔の肌は大変デリケートです。肌の状態によって洗顔石けんを選ぶことは大切です。

 

5.まとめ

洗顔は化粧の最初の部分です。寒い、暑いと気候により顔を洗うのがおっくうになる事もあります。が、決して飛ばしてはいけない過程です。洗顔をした後さっぱりするのでやはり洗顔は必要です。丁寧に洗顔をすることで、肌年齢も若く保つことができます。自分にあった洗顔石けんを使うことが若々しい美肌を保つ秘訣かもしれません。

 

kirakira195.com

 

 

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村  

   


アズマ商事【お値段そのまま 今治タオルが付いてくるお買い得セット】炭洗顔クリーム120g お得な3本入り/スキンケア 旅美人 洗顔フォーム

 


EGF 洗顔クリーム 【クリスタル121】 【綺麗すっきり洗顔】 日本製 130g